日曜日の朝、早起きして行ってきました
***北欧展2015***のワークショップ「和紙と北欧のコラボレーション」

北欧展2015は、九州産業大学工学部 住居・インテリア設計学科/建築学科が主催の
東日本大震災のチャリティーイベントです
震災の年からはじまり今年で5年目になるそうです
こうやって継続しているイベントってすばらしいと思います

ワークショップの内容は
日本の手すき和紙を使って既製照明器具を北欧風にアレンジするというもの
うちは小学生ふたりが参加しました
子どもの参加は少なかったのだけど、スタッフの大学生のお兄さんたちの手を借りて
思い思いの作品が完成しました
Img_931b224a506642221c6db13f8fce9ea1
みなさんの作品
Img_73287090871c52454e30734332bd3302
左が息子、右側が娘の作品
並べてみるとどれもとても素敵に出来上がっています
息子のは思いついたまま切り抜いたなんともしれない形の和紙だったのに
これまた思いつくまま自由に貼ってみたらそれはそれで味わいある仕上がりに

几帳面な娘は連続感のある形をこれまたキレイに並べていたました
思いつきで選んだ和紙の色が偶然なのかやっぱり好みだったのか
自分の部屋のカラーと同じだったようで
出来上がりにとても満足の様子

とても達成感のあるワークショップでした

北欧展2015のワークショップやトークショーは、まだまだ12月予定されていますので
興味がある方は是非チェックしてみてください

こちらから→ 北欧展2015

***

せっかく大名までおでかけしたので
親子で買い物してカフェでランチして帰りました
すると帰りの車の中で「今年1番楽しかった」というふたり
そんな楽しそうな二人を見てる私も楽しかった

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする