漢字ばかりのタイトル
おまけに見た目は間違い探しのような言葉の並びです
違いは「特別」の文字が入るのか入らないのか

近年、ニュースでよく見る災害に土砂災害があることを感じませんか
そんな土砂災害から国民の生命を守るために国も対策をとっています
土砂災害のおそれのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、
住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進しようとしています
それが「土砂災害防止法」です
法の指針をもとに各地調査を実施、調査結果を基に県知事が区域を指定
それがタイトルの「土砂災害警戒区域」と「土砂災害特別警戒区域」です

ここ2年のうち、計画依頼があった土地を調べてみたら
「土砂災害警戒区域」または「土砂災害特別警戒区域」だった・・・
ということが3物件ありました
そして偶然なのか、どの土地も既に所有している土地なのに
所有者は区域に指定されたことを知らなかったという事実、3物件ともです
ちょうど2年前くらいにどっと区域が増えた時があったり
ここ数年で急激に指定区域が増えているんですよ
行政にたずねたら回覧板やチラシ配布などで知らせたと言っていたけど
人命や資産価値に大きく関わる事だというのに
そんな知らせ方でよいのかしらとちょっと疑問に思ったり・・・

でもね、行政任せではなくてやはり自分で知るということも大事だと思うのです
私の住んでるところって大丈夫かなーって
土砂災害だけでなく、浸水についても気になりませんか
家を新築した後に加入する火災保険に浸水の場合の保険が必要なのかどうかって
迷ったりしませんでしたか
そういうことにもとても参考になると思うんです

**ハザードマップ**と**土砂災害危険箇所と土砂災害警戒区域**
お時間ある時に見てもしもの時の避難場所など家族とも話してみるといいかもしれません。

「土砂災害警戒区域」と「土砂災害特別警戒区域」の違いは・・・
せっかくなので調べてみてください(不親切な日記!)
Img_8a8d5b723c47a8d9e742bc5970f1f1f0
記事とは無関係、いつの間にか根を出して花を咲かせたコリウスと白山陶器「プランツ」

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする