6月14日、家づくりサポートのフォルツァさん主催イベント
「建築家自邸見学ツアー」に参加しました。

私が暮らす自宅を公開、家づくりに興味がある方々をご案内しました。
設計者が自分で設計して暮らしている家を見てもらおうというこのイベント
普段暮らしている家をありのまま見てもらう方がよいのでしょうけど
普段そんなに掃除が行届いている訳も無く、実は家族総出で前日大掃除しました

住んで3年経つとやっぱり要らないものも増えてきているようで
ゴミを出して気持ち的にもスッキリ
ピカピカではないけれど少しだけキレイになったような気がしました
ヒトを呼べば片付く原理、実感

そして見学会
やはり暮らしている家を案内するというのは
建築の先にある暮らしへの質問も多くありました

ゴミ置き場、洗濯干場、食器の収納、お鍋の収納方法
寝室や子供室の使われ方・・・

とっても小さな家ですので案内する場所も少なかったのですが
これから家づくりをされる方のちいさなヒントになるとうれしく思います
ご来場いただきどうもありがとうございました
私もいろんな意見が聞け、人前で家づくりの想いを話すという貴重な経験となりました
イベントは次週以降も続いて予定されています
この機会にいろんな住宅を見てみるといいと思います
色々見てみると好きなモノ、そうでないモノ、いろんなことに気づくと思います

先着順ですが、まだ予約受付中の家もあるようです
家づくりサポートのフォルツァ  (Click!) 

***

見学会ではいろんな話をさせてもらいましたが
子供室の考え方をもう一度改めてここで書いてみたいと思います

まず、我が家の子供は3人、高校生♀、小学高学年♀、小学低学年♂
部屋は1部屋だけ、広さは収納含めて約15帖
現在は高校生コーナーと小学生コーナーを写真右側の白い棚で間仕切っています
Img_a9d5660dec2ce3ae4d059205a49ca704
我が家の場合に限るのですが、4歳違いの姉弟
一番下の弟が中学生になる頃、一番上の姉は成人しています
長い目でみても個室が必要な期間が短いと思い、基本広めの一部屋を子供の成長と共に
間仕切りながらいわゆる模様替えをしつつ使ってみようという考えです

それはそれで面白く
子供たちもここに本を置けるようにしたい
窓に向かって机を置きたい
かばんを掛けるところがほしい
暮らしていくうちに要望したり工夫したり
陣取り合戦のように自分のテリトリーを決めたり
こちらの想定以上に工夫しながら暮らしています
いまのところ特に個室にしてという要望は出てませんが
それでもきっといつかはそんな要望もあるかもしれないので
3つの個室にするなら一人4帖だからねと言ってあります
さて何年か後にどうなっているでしょうね

そして子供たちが独立して家を出た後は
私たちが老夫婦になっているはずなので子供室は
足腰弱った老夫婦のベッドが置かれ寝室となる予定
それはもう少し先ですけどね・・・

そんな家族の成長と共に成長する我が家です

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする